就職対策講座・セミナーについて

就職活動に役立つセミナーについて紹介します。

サイトトップ > 帝京大学(履歴書の書き方)講演感想について

帝京大学(履歴書の書き方)講演感想について

帝京大学で行いました「履歴書の書き方講座」の感想についてご紹介させて頂きます。

<感想>

「人に聞くことは悪いことでなく、間違いではない」と言っていただけて少し肩の荷が下りました。人に聞くのが苦手でわからないことをわからないままにすることがあったので、これからはそんな無駄な恥ずかしさのようなものはなくそうと思いました。

履歴書を書くためには、自分で考え続けることが大事なのだと思いました。アドバイスを活かすためにも、自分についてよく考え、自分がその会社でどのように力を発揮できるか、意欲を伝えることが大事なのだと思いました。履歴書の書き方1つで、書類の段階で通るか落ちるのかわかるのだと知りました。本日の履歴書の書き方についての講義はとてもタメになりました

履歴書についての講義を聞くのが始めてで、1つ1つが新鮮でした。自己PRのよくある間違いについては自分でも気づかずにやってしまいそうでした。事例をたくさん紹介して頂き、とてもわかりやすかったです。

履歴書は今までも何度か書いていましたが、就職を勝ち取るための履歴書は次元が違うのだと思いました。特に自分が引っ掛かりそうな間違いは気をつけたいです。

今回の講義で履歴書の書き方、自分の意志が重要であることを学びました。履歴書に書く内容が決まっていなかったのですが、どのようなことを書けばよいのか把握できました。帰宅したら、すぐに内容を考えたいです。

今回の講義によって、今まで詳しく知らなかった履歴書の書き方を学ぶことができ、自分自身にとって非常に有意義でした。特に履歴書の基本的なこと(マナー)について学ぶことができ、今後の就職活動に活かしたいです。履歴書の自己PRについて何をどう書けばよいかわからなかったので、今回の講義を理解して、自分なりに活用していきたいと思います。

今回、田口久人先生の講義を聞かせていただいて、初めて知ったことがたくさんありました。講義を受ける前に「履歴書の書き方」の本を読んできたのですが、本に書いてあること以外にも、たくさんのことを学ぶことができました。今回、学んだことを活かし、魅力的な履歴書を書けるように頑張りたいです。

いかに履歴書の書き方を知らなかったかを実感しました。その中でも、自己PRや志望動機といった「いかに相手に伝えられるか」という視点で「無駄なことを書かない」「具体的」など解説してくださったのがとてもうれしかったです。教えて頂いたことを無駄にしないように書きたいです。また、自己分析をしないと書きたいことさえ書けないと感じました。もったいない書き方によって印象が悪い履歴書にならないように注意して書いていきたいです

今回、田口先生のお話を聞いて、これから自分が何をやればよいのか、具体的に考えることができました。履歴書で心がけることは「自分を知ってもらうこと」「仕事ができそうかどうか」ということで、まずは自己分析の必要性を改めて感じました。そして、業界研究などすることで、自分が会社で働いているビジョンを想像することで、仕事に対しての意欲が生まれてくると感じました。

履歴書の具体的な書き方について学び、非常に勉強になりました。自分自身を良く知り、そして、相手に伝えることが、いかに難しいものかが改めて感じることができました。まだ時間があるので、とにかく行動し、企業に認められる自分になりたいと思いました。

インターンシップに行った際に、履歴書を書いたことがありました。その時は何も考えず、自分が書きたいことばかりを書いて、相手の立場になって書けていませんでした。今回の講演を聞いて、書く時に気をつけるべきことが明確になりました。貴重かつためになる話が聞けて良かったです。

履歴書の書き方について、田口先生の話を聞いて、学んだことがたくさんありました。履歴書は1回しか書いたことがないため、他の人より学ぶことが多かったように思います。書いた履歴書を人に見せるのは恥ずかしい気もしますが、間違えを見つけたり、アドバイスをもらうのに人に見てもらうことが大切だというとがわかりました

本日の田口久人先生のお話を聞いて、履歴書の書き方がまったくわかっていなかったと思いました。今まで言葉遣いが全く良くありませんでした。

今日はすごくためになったと感じました。履歴書だけで自分を伝えることはすごく難しいことだと思っていたけど、今回の話を聞いて、ポイントを押さえれば、よい履歴書が書けるということがわかりました。履歴書の項目ごとにお話をされていて、各ポイント、絶対にやってはいけないことなど、詳しく説明していただけたので、実際に書くときはしっかりと頭に入れて書こうと思いました。今回、本当に勉強になりました。ありがとうございました。

今までなんとなく書いていた履歴書ですが、自分の想いを企業に伝えるためにここまで考えなければいけないのかと実感しました。特に悪い例などは良かれと思い、やってしまいがちだと思い、「なぜ悪いのか」「どういう人間に見られるのか」など解説してもらえたのがよかった。

今日、新たに就職活動への意欲を取り戻すことができました。就職において大切なことやエントリーシートの書き方など、たくさんのことを教わり、今後就職活動までにやっておくべきことがはっきりしました。どこかまだ先のことのように思えていましたが、今回の授業を受けたことによって目が覚めたような気持ちです。とてもわかりやすく勉強になりました。

初めて知ったこと、学んだことが多くありました。自分のことをとにかくアピールすることが大事だと思っていましたが、それでは自己中心的にとらえられてしまうこと、書く際に気をつけるべきことなど、多くの発見がありました。今回の講座で学んだことをこれから履歴書の作成に活かしたいです。

とてもためになるお話を聞かせていただきました。書く際に注意すべきこと、コツなどがわかりました。自分を知ってもらう、自分を伝えるという点で、どうしても内容が浅い、表面的なものになってしまいがちなので、もっと深く掘り下げて自分を伝えなくてはいけないと思いました。また、自分を伝えるという点で、「私は私は」と自分のことだけではなく、相手の方がそれを聞いてどう思うのか、興味を持ってくれるか等、考える必要があることがわかりました。

履歴書の書き方についての確認を通して、何のために履歴書を書いているかということを再確認することができました。

この授業を1年前に受けていれば、結果が違ったのではないかと思いました。「活躍できそうに見えればよい」というのは、とても理にかなっていると思いました。今、現在、自分は就職先が決まっていないので、この授業で習った「間違い」を修正し、内定獲得へ向けて再スタートを切りたいです。

今まで履歴書を書くのもできている文章を写すだけという作業になってしまっていました。しかし、今回お話を聞けたことで改めて大事なポイントに気をつけて書くように心がけたいと思いました。

履歴書の書き方や書く意味など深く考えたことがあまりなく、文字通りのことをただ書いていました。しかし、今回のお話を聞いて文字通りではなく、その一歩先の意味について考えて書くことの大切さを教わりました

今回、田口先生の話を聞いてわかったことがたくさんあります。1つ目に、実際の履歴書の書き方です。今回のお話を聞くことがなかったら、私はミスばかりしていたと思います。2つ目に「書く心構え」です。適当に書くのではなく、「自分がここで働きたい」と心を伝えることが大事だと気づきました。今回の講座をきっかけに文章の書き方、言葉遣いに日ごろから気をつけていきたいです


夢をかなえたい方へ
今度こそ「なりたい自分」になる夢ノート


夢をかなえた自分になりきり、まるごと一冊、自分の夢についてイメージトレーニングをおこなう本です。あなただけの夢の叶え方がわかります。
自己分析でお悩みの方へ
受かる!自己分析シート


「今までうれしかったことは?」のようなありきたりな質問に回答したり、膨大なワークシートなんて必要ありません。たった25の質問だけで「本当の自分」が見えてきて、すぐに自己PRが書けてしまいます。現在、40000部を超え、 就職活動本にも関わらず、韓国で翻訳本が出版されました。
面接でお悩みの方へ
受かる!面接力養成シート

効率的な面接の準備の仕方、面接をスムーズに進めるコミュニケーション方法がわかり、書き込むだけで面接官の質問の意図に沿った回答ができるようになります
内定の常識 就職活動前に知っておきたかった52のこと
内定の常識 就職活動前に知っておきたかった52のこと

当たり前だけどなかなかできない、「就職活動前に知っておきたいこと」を紹介。習得することで志望企業に内定をもらえる自分になれます。
大学時代を後悔しないための52のリスト
大学時代を後悔しないための52のリスト

大学生時代、就職活動を後悔しないための学生生活の過ごし方を紹介。
TOEICテスト「20分間勉強法」
TOEICテスト「20分間勉強法」

たった3ヵ月で800点を取得したTOEICの勉強法を紹介。


「いいね」をクリックすると就職活動に役立つ情報が得られます。


転職成功率テスト  就職講演講師 面接のポイント 新卒応援ハローワーク  転職求人 TOEIC800点勉強法


講演一覧

著書

メディア掲載

就職活動講座

就職活動セミナー

就職活動勉強会

講演

自己分析セミナー

就活面接セミナー

思考力養成講座