就職対策講座・セミナーについて

就職活動に役立つセミナーについて紹介します。

サイトトップ > 思考力養成講座〜志望動機の条件

思考力養成講座〜志望動機の条件

思考力養成講座レポート/NO37

思考力講座では「企業研究」に関するプログラムを提供しています。 その中の1つに「企業選びの基準」のワークがあります。 それぞれ参加者の方にワークシートに取り組んで頂くのですが、 今回のセミナーでは対照的な2人がいました。

1人はなかなかワークシートを埋められない人。 本当に必死に考えているように見えるのですが、 なかなか書けず、苦しんでいるようでした。 思考力というのは数式で表すと 「思考力=経験×意欲」になります。 諦めずに考えようとする姿勢が大切です。

講座ではすべての人が ワークシートの記入を終えるまで次に進みません。 そのため、まわりの人が記入を終えていたとしても、 その人が記入を終えるまで待っていました。 待ち時間がもったいないため、 他の人からは就職活動の質問を受けることに。 記入中の方にとってはかなり プレッシャーだったかもしれません。

なぜ、記入ができないのか。 とても簡単です。企業研究不足。 本人も「もっと企業研究するべきだった」と話していました。 考える際に必要な企業の情報が足りないのです。 いくら考えようとしても企業の情報が なければなかなか思いつきません。 講座に参加したことで体感できたはずですので、 これからの活動に学んだことをつなげて頂きたいです。 特に自分の足で情報を稼ぐことが大切です。

その人とは対照的にスラスラ記入を終えた人がいます。 もちろん、そのようにできるのは 企業研究がしっかりとできているからです。 「現時点でここまでできている人はなかなかいない」 と思わせるぐらいのレベル。 わざわざ関西から参加して頂いたのですが、 「さすがに『やる気』が違うな」と思いました。 しかし、1つだけ問題がありました。 企業研究ができていても自己分析がまだ不十分でした。

履歴書(志望動機)を拝見する機会があったのですが、 企業研究の成果を活かせていませんでした。 もっと具体的にいえば、企業の魅力は語れても、 どうしてそれが自分にとって必要なのか 考え切れていませんでした。 志望動機を書くためには企業研究、自己分析、 この2つができていないと書けません。

そして、企業研究の結果と自己分析の結果を 組み合わせる作業が必要になります。 企業研究、エントリーシートに関する ワークの後はグループディスカッション。 参加者の方に一生懸命取り組んで頂いたおかげで、 2回ディスカッションを実施することができました。

1回目のテーマは 「もし体にもう1つパーツをつけるとしたら何をつけるか」 今回、初めてGDを行った人もいたことから ぎこちない雰囲気でGDが始まり、 前回の講座と同様に「遠慮」が見られました。 せっかく良い意見を発言しているのに 控めに発言してしまっていることから 他の人から注目されません。 反対にそのような意見を まわりの人がくみ取れていません。 メンバー全員が納得するようなゴールを決定し、 議論することが難しいように見えました。

「パーツをつける対象をスポーツ選手にする」
「自分が困っているので鼻をつけたらどうか」

など意見が出たのですが議論も深まりません。 まず、ゴール(議論の方向性)を決めるために メンバーが納得する理由を 提案すると良かったかもしれません。 例えば、あるメンバーは

「全人類で喜ぶものが良いのでははないか」
「困っている人が喜ぶパーツがよいのではないか」

と話していました。ビジネスマインドが感じられ、 誰もが納得できるような考えだと思います。 しかし、誰もそれについてそれ以上触れませんでした。 それから掘り下げて議論するとよかったかもしれません。

私もパーツについて考えていたのですが、 もしも、議論に参加するのであれば、 「心臓」を提案すると思いました。 交代で心臓を動かすことで心臓の負担を減らします。 そうすることで長生きができます。 誰でも「長生きしたい」と思うのではないでしょうか。 今回、書記の方がホワイトボードを使用されていたのですが、 まわりの人がイメージしように「人間」を書き、 それから議論の内容を記入したのは良かったです。

2回目のテーマは 「みなさんが採用担当者だとして、優秀な人材を確保するためにはどうすればよいのか」 グループでは2つの意見に分かれました。 「集客」と「採用方法」について。 優秀な人材をどのように集めるのか、 優秀な人材をどのように選抜するのか。 多数の人が集客について考えている人が多く、 まず、最初に優秀な人材を自分たちで定義し、 そのような人をどうすれば集客できるか考えていました。 議論の流れは良かったのですが 肝心なことを忘れていました。

「優秀な人材が企業に何を求めているのか」

ターゲットのニーズがわからないと、 具体的な提案を考えることができません。 特に就職活動生であれば、 一番理解されているはずなのですが、 ニーズについての話は出ませんでした。 結局、具体的な方法について議論できず 箇条書きで実施することについて 述べるくらいで留まってしまいました。

1回目、2回目で共通して良くなかったのが 「時間を守らなかったこと」 2回とも中途半端な形で議論が終わってしまいました。 グルーディスカッションでは時間を守ることが大切です。 限られた時間の中で結論を出すことを求められています。 仕事でも同じではないでしょうか。


では最後に、セミナー参加者の「感想」を一部ご紹介させて頂きます。


<感想>

「サイトの講師紹介で抱いていた印象よりも柔らかで話しやすい方でした。エントリーシートを書く際、自分では気をつけているつもりでも実際にはできていない部分を発見できました。今すぐESを書き直したい、そんな気分です」

「思考力をテーマにいろいろな角度からお話をいただいて、あっという間のセミナーでした。本日、自分の意や考えが頭の中でこんがらがっていたものを一つずつほどく作業ができたと思います。GDは特に物事をわかりやすく、WHYとHOWの思考を持つことが大事だと実感しました。他のセミナーを含め、関西圏で受けることができればいいなと思いました」

「WHY思考、HOW思考をこんなに意識したのは初めてです。1つずつやってみることで、もっと深い自己分析ができると感じました。GDを2回も練習できたのは収穫です。ありがとうございました」


もっとセミナーについて知りたい方は「思考力養成講座」へどうぞ。セミナ―の日程や感想など紹介しています。


夢をかなえたい方へ
今度こそ「なりたい自分」になる夢ノート


夢をかなえた自分になりきり、まるごと一冊、自分の夢についてイメージトレーニングをおこなう本です。あなただけの夢の叶え方がわかります。
自己分析でお悩みの方へ
受かる!自己分析シート


「今までうれしかったことは?」のようなありきたりな質問に回答したり、膨大なワークシートなんて必要ありません。たった25の質問だけで「本当の自分」が見えてきて、すぐに自己PRが書けてしまいます。現在、40000部を超え、 就職活動本にも関わらず、韓国で翻訳本が出版されました。
面接でお悩みの方へ
受かる!面接力養成シート

効率的な面接の準備の仕方、面接をスムーズに進めるコミュニケーション方法がわかり、書き込むだけで面接官の質問の意図に沿った回答ができるようになります
内定の常識 就職活動前に知っておきたかった52のこと
内定の常識 就職活動前に知っておきたかった52のこと

当たり前だけどなかなかできない、「就職活動前に知っておきたいこと」を紹介。習得することで志望企業に内定をもらえる自分になれます。
大学時代を後悔しないための52のリスト
大学時代を後悔しないための52のリスト

大学生時代、就職活動を後悔しないための学生生活の過ごし方を紹介。
TOEICテスト「20分間勉強法」
TOEICテスト「20分間勉強法」

たった3ヵ月で800点を取得したTOEICの勉強法を紹介。


「いいね」をクリックすると就職活動に役立つ情報が得られます。


転職成功率テスト  就職講演講師 面接のポイント 新卒応援ハローワーク  転職求人 TOEIC800点勉強法


思考力養成講座一覧

著書

メディア掲載

就職活動講座

就職活動セミナー

就職活動勉強会

講演

自己分析セミナー

就活面接セミナー

思考力養成講座