就職活動フォーラム     

    就職活動の法則    内定エッセンス   メルマガ登録   メディア掲載   著書   お問い合わせ
 

就職活動の自己PR例文(ゼミ・研究室)

新卒専門のキャリアコンサルタントが就職活動の自己PR例文(ゼミ・研究室)を紹介致します。


内定エッセンス


勉強会、ブログなどで紹介した「就職活動において大切なこと」を 3秒で効率的に学べます。毎日、
無料配信されます。

読者の声!

「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」

「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

「気づいたことをチャレンジすることで、やりたいことが見えてきました」

下記フォームに入力して登録ください↓

PCmail


オススメ

内定者の教え

第一志望の企業から内定をもらえる自己PR、志望動機を作成する方法とは?

就活のすすめ

マスコミ、総合商社、広告代理店、…人気企業の内定者も絶賛!就職活動に役立つ話とは?





自己PR例文 研究室

私は何でも楽しんで取り組むことができます。
研究室に配属された時、研究自体に最初は大変なイメージをもっていましたが、1つ1つの技術を学び、磨くことによって実験を楽しんで行えるようになりました。実験だけでなくデータ整理や考察も好きで、実験結果はその日のうちにまとめ、先生に報告し、次の実験の予定を相談していました。毎日帰宅時間が遅くなりましたが苦になりませんでした。というように、私はどんな大変な仕事も楽しめる部分をみつけだして、楽しんで仕事に取り組んでいく自信があります。(239文字)

【コメント】

「何でも」とキャッチフレーズにあるのですが、「何でも」という限りはどんなつらいことでも、厳しいことでものようなニュアンスが含まれると思います。今のままでは楽しんで仕事に取り組めるかどうかがわかりません。まずは「どのような環境で、どのように楽しんだのか」もっと具体的に書きましょう。たとえば、どのような実験して、どのように実験(研究)を楽しんだのかを考えてみましょう。

「というように」と文言は口語なので書き言葉になおしましょう

自己PR例文 ゼミの報告

私の強みは、相手の立場を尊重して行動できる事です。自身の考えや意見を相手に伝えやすくする為には、まず相手の立場に立ち行動する事が必要だと考えるからです。ゼミの報告では、レジュメ作成に工夫を凝らしています。多忙な教授が目を通されるので見やすさを第一に、文章の途中でページが跨らないよう、又、一つの段落を5〜6行でまとめるよう心がけています。また、教授が執筆された論文を読み込み、教授が主張されている立場を受け入れ、その主張の根拠を考える習慣がつきました。結果、考察に対する意見を頂ける回数が増えました。(250字)

【コメント】

自分の考え、強みを裏付けするエピソードがしっかりと書かれていて、とてもわかりやすい自己PRです。自己PRとしては問題ありません。

ただ1つ気になるのがゼミのエピソードが(社会人の人から見れば)当たり前のことで、印象に残りづらい可能性があるかもしれません。他にもエピソードがないか考えておいたほうがよいでしょう。また、文章の表現をもう一度見直しましょう。「一つの段落を5〜6行でまとめるよう心がけています」というのが背景がわからず、イメージがしづらいです。

文章の途中でページが跨らないよう⇒文章の途中でページが跨らないようにする

又、⇒また、

自己PR例文 ディベート大会

強い意志で壁を乗り越えます。ディベート大会に向けたゼミ伝統の先輩との模擬戦、勝った者はほとんどいません。しかし先輩に勝てなくては本番でも勝てないと思い、皆に伝え、勝利を約束し合いました。途中負け続け皆のやる気がなくなりかけた時、晩飯奢るし30分でいいから集まろうと声をかけました。そこで勝ちたい気持ちを再確認し、勝つ為の戦略を話し合いました。正攻法で敵わないのなら相手の弱点を突こうと提案し、模擬戦で様々な側面から攻め、分析を重ねました。そして相手の知識の薄い所を突き、勝利し、本番でも大勝しました。(250字)

【コメント】

困難なことを書くのは良いのですが、前置き(ディベート大会に向けたゼミ〜声をかけました)が長いです。そのため自分が行ってきたことが抽象的で、ディベートについて説明しているだけになっています。

例えば、「勝つ為の戦略」とはどんな戦略なのでしょうか。キャッチコピーからすると、前置きは短くし、模擬戦よりも本番のディベートに勝つためにどのような努力をしてきたのか(自分がどのように努力してきたのか)を具体的に書いたほうがよいでしょう。

自己PR例文 ゼミ合宿

私は周囲を配慮することができます。
ゼミの合宿係幹事でした。合宿では、勉強以外にも親睦を深めるためにスポーツを行うのですが、例年、運動の苦手な人は嫌がっていました。みんなにやりたいスポーツを聞いても、「誰でも楽しめる」ものは上がりませんでした。しかし、ドッチビーというスポーツを思いつきました。これは、柔らかいフリスビーを用いたドッチボールです。フリスビーだから力も技術も関係ありません。結果、予想以上の大盛況でした。先輩後輩、男女の親睦が深まり、生き生きした笑顔を見ることができました。(243文字)

【コメント】

自分が工夫したことにより合宿が盛り上がったことを素晴らしいと思うのですが、「周囲に配慮できるかどうか」が伝わりませんでした。「運動が苦手な人がいたから新スポーツを提案=周囲に配慮できるかどうか」ではないように思います。

周囲に配慮できるのであれば、まず、周囲の人について詳しく説明し、その人達に対して、自分がどのように考えて配慮してきたのかを具体的に書きましょう。


ゼミの合宿係幹事でした。合宿では

⇒ゼミ合宿で幹事をしていた時には

自己PR例文 家計簿

私は既存の物にとらわれずに、新しい提案ができます。毎日つけている家計簿も、主婦向けの市販品では満足できず、エクセルを使ってオリジナルのものを作りました。自分の支出に合った項目を10個設定し、食費を「主要食費」と「贅沢食費」に分けました。その結果、必要だった分とそうでない分がわかるようになり、急な出費にも対応できるようになりました。今も随時改良中で、今後は予算を入力する方法を考える予定です。 (196字)

【コメント】

「提案」は他者のためにするもの。自分のために改善したことについて書いても「強み」を説明できないのではないでしょうか。また、エクセルが使える人であれば誰でも行えそうな印象があります。工夫しようとする姿勢は素晴らしいのですが、もう一度強みを考え直してから、自己PRについて考えましょう。



もっと学びたい方は「内定者の教え」へ



自己PR例文 研究室

他の人が嫌がることを進んで行うことができます。 所属していた研究室での雑務(掃除、ゴミ捨て、研究発表会の部屋の予約など)や大学校内の学内清掃など皆が面倒だと思うことを積極的に行いました。どんな些細なことであっても学べることは多く、積み重ねていくことで自分自身の成長につながると感じ取り組みました。また、周囲の人に対しても声をかけて参加を促すことも心がけました。常に意識を高く持ち続けることが結果として、周囲の意識や作業効率の向上にもつながります。(224字)

【コメント】

嫌なことを積極的にしようとする姿勢はとても素晴らしいですが、エピソードが良識のある人なら誰でもしていそうなことだと思います。どのように積極的に取り組んだのかをもっと具体的に書かないとあなたが伝わりません。そして、「また、」以降の文章が無理に付け加えたような印象があり、自分の強みが説明できていません。 例えば、目標を立てて、それを行う際に嫌なこと・困難なことがあり、自分が率先して行い、周囲の人にも働きかけて乗り越えた(結果を出した)というような流れで書くとよいでしょう。


自己PR例文 プレゼンテーション大会

私は努力を結果に結びつけます。ゼミで市のプレゼンテーション大会に出場しました。資料作成に当たり、まず専門書を読み色の持つ効果を調べ、配色への工夫をしました。そしてサークルの部員達に何種類かの作品を見せ、どれが一番見やすくてわかりやすいかなどの統計を取り、作っては修正することを繰り返しました。また発表本番に向け、企業説明会において人事の方々の話し方を参考に、毎日家族や友人の前で練習しました。その結果、満点を頂き優勝を勝ち取ることができました。何事にも努力を惜しまず頑張る自信があります。(244字)


【コメント】

必ずしも努力を結果に結びつけられない場合もあるため、強みは言い過ぎです。最後の文章にある「努力を惜しまない」のほうがエピソードと合っているのではないでしょうか。もう一度、強みについて再考しましょう。

具体的にエピソードを書こうとするのはわかりますが、事実の羅列になってしまっていて「強み」が伝わりづらくなっています。それを回避するために、どうしてそのような行動をとったのか「行動の背景」を書くとよいでしょう。そのために「どうして色の持つ効果に着目したのか」、「どうして配色への工夫をしたのか?」など考えてみましょう。

他にも「どれだけ統計を取るのに苦労したのか」、「どのくらい修正を繰り返したのか」「どれくらいプレゼンの練習をしたのか」を書くと、努力できる人であることがより相手に伝わります。

プレゼンテーションの課題(プレゼンテーション大会のテーマ)について書くと、もっと相手はイメージやすくなります。

自己PR例文 博物館実習

私は聞き上手です。
仲間と活発に意見交換し、整理役になってプロジェクトを成功させます。博物館実習での展覧会の企画会議で、展示順路を明確にし、説明的に見せる案と、来館者の感性に任せて自由に見せる案が対立したことがありました。私はそれぞれのメリット、デメリットを提示し、どちらが良いかは展示する作品によって違うので、展示室を区切り2つのエリアを設ける、という折衷案を出して、実現しました。言葉にならない思いを持っていそうな人とは1対1でゆっくり話し合い、考えを引き出します。(250字)

【コメント】

聞き上手なエピソードが書かれていないため、キャッチフレーズとエピソードが合っていないように感じます。もしも、強みが「聞き上手」であれば、聞き上手のコツ、どれだけ困難な状況で聞いてきたのかを書いたほうが説得力があります。

現在のエピソードで強みを言うなら「協調性」「行動力」の方が近いです。あなたの価値観や強みが伝わるようにもっと具体的に書きましょう。例えば、どれだけ素晴らしい案を提案したのかなど。

最後に「言葉にならない思い〜ます。」という文がありますが、エピソードとつながっておらず、ただ述べているだけになってしまっています。文章の流れも考え、自己PRを読むだけで納得するように自己PRを考えましょう。


自己PR例文 ゼミ広報

『ゼミの名編集長!』

私はゼミで広報を担当し、毎月機関誌を発行しています。その中では毎号必ずオリジナルの企画を考え実行をしており、教授やゼミ生からは21世紀の名編集長と呼ばれています。特に、毎月必ず載せているコラムではゼミ外からも評判が良く、毎月必ず読みたいとまで言われたことがあります。又、機関誌を作ることは容易ではありません。ゼミの人数が50人に及ぶ為、ページ数が20に達する場合には1000枚をひたすら手作業で折り続けなければならず、忍耐力やどんな仕事もこなす精神力を身につけることができました。

【コメント】

キャッチフレーズは「学生時代に頑張ってきたこと」についての回答であれば良いですが、「自己PR」の回答としてはふさわしくありません。そのため、キャッチフレーズは強みがわかるようなフレーズに変えましょう。どのような編集長だったのかを表現してもよいかもしれません。

「機関誌を作ることは容易ではありません」という表現がありますが、そのように表現せずに容易ではないことを事実から伝えましょう。また、「手作業で折ること=容易ではない」では説得力に欠けます。

全体的に機関誌についての説明が多く、あなた自身について伝わってきませんでした。例えば、どのようなオリジナル企画を考えたのか、どのようなコラムを書いてきたのかを書くとよいでしょう。

又、⇒また、

自己PR例文 制作

「最後までやりぬく自信」が私の売りです。
これまでに取り組んだ課題の中で「ダイニングチェア」を製作する機会がありました。はりきってデザインを考えてみたものの、実際に作業を始めると機能的に製作不可能な現状を目の当たりにし、何日も学校に泊まり、慣れない作業に戸惑いました。体力も精神も限界に近付いてきた時に「これぐらいの苦しみはとっくに経験してきた」という気持ちが過去に取り組んだ他の課題を思い出すことによって甦りました。培ってきた自信のお陰で家には自ら作ったダイニングチェアが誇らしげに置いてあります。(249文字)

【コメント】

今のままではダイニングチェアに取り組んだ時のエピソードを述べているだけになっています。自信があることは素晴らしいことなのですが、自信があるからこそ「何ができるのか」を考えて、具体的なエピソードを書いたほうがよいでしょう。それが「自分の強み」なのではないでしょうか?

もしも、自信が本当に自分の売りであるなら、ダイニングチェアどれだけ困難なことなのかを強調するために「これぐらいの苦しみ」の苦しみを具体的に書いたほうがよいです。

これだけダイニングチェアについて書いていると担当者はどんな椅子なのか興味を持つ可能性が高く、誰でもわかるようにダイニングチェアについて説明できるようにしておいたほうがよいでしょう。


自己PR例文 英語のプレゼンテーション

転んでもただでは起きぬ根性があります。私が所属するゼミでは、毎週英語のプレゼンテーションが課されます。しかし、かなりの上がり症なため、始終用意したメモ書きを読み、終了後教授に「伝える意志が感じられない」と酷評されました。悔しく思い、それ以降、発表前に自分が「緊張している」ことを伝えることで場の空気を和ませ、メモ書きではなく観客の目を見つめ、そして発表後にはゼミ生に感想を聞いて、次の発表に生かすサイクルを繰り返しました。最終的には、自分自身も発表が楽しめるようになり、学期末特別に表彰されました。(249字)

【コメント】

困難なこと、努力したことの流れがわかりやすく書かれていて、とても良い自己PRです。具体的に自分のしてきた工夫(観客の目を見つめ、そして発表後にはゼミ生に感想を聞いて、次の発表に生かすサイクルを繰り返したこと)が書かれており、強みが伝わりやすいです。

しかし、「緊張していることを伝える」という工夫が人によってはマイナスにとらえられるかもしれません。よく緊張をほぐす方法としてつかわれる方法ですが、自己PRは仕事で活かせそうかどうかもみているため、実際に仕事でも同じようにするのか心配に思う人もいるかもしれません。削除をして他の工夫を詳しく書くか、プレゼンテーションのテーマを書くなどして相手によりイメージさせるよう工夫してもよいかもしれません。



もっと学びたい方は「内定者の教え」へ



自己PR例文 資格講座の講師

私の強みは苦手なことを克服していけるところです。
発表が苦手であった私はそれを克服するために、人前での活動が多いゼミに入りました。その中で資格講座の講師を行いました。初めての口頭説明は散々な出来であったので、ゼミ生と共に毎日練習していきました。また講座に関してのアンケートを取り、そこに書かれていた改善点も直していきました。その甲斐あって適度な緊張と、周りを見渡せる余裕を持って説明できるようになりました。この体験から苦手なことも経験してみることによって「自分の力になる」ことを学びました。


【コメント】

自己の強みはいつでも発揮できるものです。「苦手なこと」はいつでも起きませんので、自分の強みとしてふさわしくありません。「苦手なことを克服するために自分のどのような強みが発揮されているのか」を考えるとよいかもしれません。

自分の苦手なところを克服しようとするのは素晴らしいことですが、今の文章ではどのように克服してきたのかが具体的に書かれておらず、説得力に欠けます。たとえば、アンケート結果にはどのようなことが書かれ、それを改善するためにどのような改善を行ってきたのかを書いてはいかがでしょうか。

最後の気づきの文章(苦手なことも経験してみることによって「自分の力になる」ことを学びました。)は素晴らしいと思います。

イメージしやすいように何のゼミなのか、何の資格の講師をしていたのかを書くとよです。


自己PR例文 パワーポイント

こだわりの強さには自信があります。
所属する研究室では、パワーポイントで研究成果を報告します。研究室に配属された当初はパワーポイントを使いこなすことが出来ず、自分の理想であるわかりやすいスライドを作成することが出来ませんでした。そこで、他者のスライドや書籍を調べ、見やすい色彩やアニメーションの使い方を研究し、スライド作りには研究室の誰よりも時間をかけました。その結果、研究室ではパワーポイントに関して一目置かれ、質問やアドバイスを求められる存在になりました。(233文字)

【コメント】

イメージしやすいように何の研究室に所属しているか書いたほうがよいです。

こだわりの強さを表現するのに「パワーポイント」のエピソードでは厳しいです。ソフトを使いこなせることは素晴らしいですが「自己PR」よりも「特技」で書いたほうがよいでしょう。

パワーポイントについて語ることよりも、そのような事務能力を活かすことで、どのように研究室に貢献できたのかを考えて、強みをアピールされてみてはいかがでしょうか。エピソードはイチから考え直しましょう。また、「こだわりの強さ」というのは「性格」であって「強み」ではないのではないでしょうか。


あかさたなはまやらわの法則(シェア自由)




自己PR例文

自己PR例文(行動力)  自己PR例文(アパレル)  自己PR例文(アルバイト)  自己PR例文(部活動)

自己PR例文(サークル)  自己PR例文(大学生活)  自己PR例文(インターンシップ)  自己PR例文(問題解決力)

自己PR例文(居酒屋アルバイト)  自己PR例文(笑顔)  自己PR例文(勉強・資格)  自己PR例文(相手の立場)  

自己PR例文(ボランティア)  自己PR例文(ゼミ・研究室)  自己PR例文(スーパーのアルバイト)  自己PR例文(計画性)







ヤングキャリアコンサルタントの日記 (TOEIC900点勉強法)
新卒専門キャリアコンサルタント(ヤングキャリアコンサルタント)の日記

たった90日で就職活動を終わらせる方法
勉強会のブログ。9割の確率で4月までに就職活動を終えております。

就職活動五行歌ランキング
就職活動生の8割が感動する歌。面接に落ちたときには読んでみよう!

就職活動ベストブログランキング
簡単な自己分析方法からキャビンアテンダント対策まで就活に役立つブログが満載

新卒応援ハローワーク
新卒応援ハローワークの営業時間、連絡先など紹介。


自己PRコンテスト ▼自己分析ナビ  ▼僕と私の就職活動日記 ▼就職活動フォーラム



就職活動セミナー

著書



内定の常識

自己分析でお悩みの方へ
受かる!自己分析シート

面接力をアップしたい方へ
受かる!面接力養成シート

夢をかなえたい方へ
今度こそ「なりたい自分」になる夢ノート

大学時代を後悔しないための52のリスト
大学時代を後悔しないための
52のリスト

自己PR例文

就職活動対策

診断サイト

レポート

オススメ求人サイト

無料メールセミナー


『内定エッセンス』

勉強会、ブログなどで紹介した「就職活動において大切なこと」を 3秒で効率的に学べます。毎日、
無料配信されます。

読者の声!

「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」

「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

下記フォームに入力して登録ください↓

PCmail


「いいね」を押すと就職活動に
役立つ情報が得られます。