就職活動フォーラム     

    就職活動の法則    内定エッセンス   メルマガ登録   メディア掲載   著書   お問い合わせ
 

就職活動の自己PR例文(サークル)

新卒専門のキャリアコンサルタントが就職活動の自己PR例文(サークル)を紹介致します。


内定エッセンス


勉強会、ブログなどで紹介した「就職活動において大切なこと」を 3秒で効率的に学べます。毎日、
無料配信されます。

読者の声!

「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」

「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

「気づいたことをチャレンジすることで、やりたいことが見えてきました」

下記フォームに入力して登録ください↓

PCmail


オススメ

内定者の教え

第一志望の企業から内定をもらえる自己PR、志望動機を作成する方法とは?

20代の時に学んだ「あかさたなはまやらわの法則」

「勉強になる」「初心に返れる」「30代だけど納得」など好評です。






自己PR例文 送別会

私は人を楽しませるためには妥協をしません。サークルの仲間と喜びを共有したいと思い、周囲に声を掛けながらさまざまな企画を実現してきました。特に先輩方の送別会は1ヶ月にわたる準備から当日まで物事が上手く運ぶよう誰よりも力を入れました。映像に関する知識はなかったものの試行錯誤しながら制作し、また手作りのアルバムをより質の良いものにしようと考えました。先輩方がそれを見て喜んで下さった時、ゼロから形にしていく事の面白さを知りました。今後も誰かの喜びを作るため、こだわりを持って考え抜いていきたいと思います。(250字)

【コメント】

イメージをわきやすくするため(面接で質問してもらうようにするため)、何のサークルなのか書いたほうがよいでしょう。

「楽しませるために妥協はしません」という強みをエピソードで証明できていないように感じます。どれだけ想いをこめて、送別会(企画)に取り組んだのかが伝わってきません。特に「それを見て」とありますが、「それ」がどれだけ素晴らしいのか説明しないと、相手に自分の良さが伝わりません。

現在、「映像」と「アルバム」の話が2つ出てきますが、1つに絞り、どのように試行錯誤したきたのか、どのようなものなのかを具体的に書きましょう。「妥協しない」ということは「妥協しそうな事態」があるからこそ書いているはず。その「妥協しそうな事態」をどう乗り越えたのかを書いてもよいでしょう。

最後の抱負の文章(今後も〜)はエピソードがしっかりと書けていないと意味がありませんので、「抱負の文章」を削除して、詳しくエピソードを書いてはいかがでしょうか。


自己PR例文 農業サークル

私は仲間の力を引き出し、協力して目標達成に向かわせることが出来ます。農業サークルを設立した際、まずメンバーとじっくり話す場を設けました。そしてアイディアを出すのが得意、調べ物が好き、行動的など各メンバーの個性を見つけ、その人に合った仕事を任せました。また、私自身のサークルへの思いをメンバーに語り、「農業の楽しさを広める」というサークルの目標を共有しました。ゲーム感覚の勉強会など、目標に合った企画を実施することが出来たのは、各メンバーの力を引き出し一つにまとめることが出来たためだと確信しています。
(250文字)

【コメント】

「仲間の力を引き出す〜向かわせる」という強みがエピソードで説明できていないように感じました。「どのように仲間の力を引き出したのか=個性に合わせて仕事を任せる」だけでは説得力に欠けます。個性に合わせた仕事を任せて、その人がどのように活躍したのか、そして、そうなるためにどれだけ自分がサポートしてきたのかを書いたほうがよいでしょう。仲間の力を引き出し、協力して目標達成に向かわせるために自分のどのような強みを発揮していたのか考え、強みについて再考してはいかがでしょうか。

今のままでは「サークルの代表」の仕事について説明しているだけのように感じられます。もっと自分を伝えるために「サークルの想い(ビジョン)」を書くと伝わるでしょう。その際「なぜ、農業の楽しさを広めたかったのか」を考えるとよいです。また、文章の時系列がバラバラでわかりづらいため、最初に目標を書いて、自分が実行してきたことを書いたほうが相手に伝わりやすくなります。

例)

「強み」
「農業の楽しさを広めたい(仮)」という想いから、農業サークルを設立しました。私が一番大切にしてきたことは「目標を共有し、メンバーの個性を引き出すこと」です。そのために〜

自己PR例文 服飾サークル

私はその行動に意味があるのかが常に意識の中にあり、これと決めたことに打ち込みます。この思考により軸がぶれないことが一番の強みです。服飾サークルでの活動では、メンバーが自分の表現したいものに固執してしまいそうな時、コンセプトは何だったか、私たちは何を目指していたかかを問いかけ、皆の想いを一所に向けました。士気が下がっているなと感じた時には自ら率先して動き示すことで気づきを与えられるよう行動してきました。
これが全体で一貫した世界観を持ったショーを可能としたと自負しています。(237字)

【コメント】

最初の文章(強みに関する文章)が長すぎて、よくわかりませんでした。「常に考え続ける姿勢」のようにもっと強みをコンパクトに書きましょう。強みを証明するには「行動」と「結果」を具体的に書くことが大切です。今のままではエピソードが抽象的で、「自ら率先して〜行動してきた」と書いてあってもどのように行動してきたのか、また、どのような世界観を持ったショーができたのかわかりません。エピソードを相手に分かりやすく書いてから、自分の強みについて考えるとよいかもしれません。

イメージしやすいように「サークルでの役職」があれば、役職を書いたほうが良いです。


自己PR例文 テニスサークル

『共に成長』を意味する"共育"という言葉が好きです。私は、テニスを愛してもう9年になります。大学で入ったテニスサークルの中では勝ち頭になりましたが、目標は学内大会で1位になることです。同時に、もうひとつやりがいを感じているのは、テニス初心者である仲間をサポートすることです。理論と実践を交えた私流のテニス講座のおかげで実力アップしていく仲間を見ている時や、「テニスってこんなに面白いんだ」と言ってもらえる時に、本当に喜びを感じます。自分も初心に帰ることが出来、成長を感じたとき"共育"を実感しました。(250文字)

【コメント】

『"共育"』という言葉が好きなだけでは強みになりません。そのような価値観を持っているからこそ、何をするのか、何ができるのかが強みになるため、もう一度強みについて考えましょう。

テニス歴9年という経験は立派ですが、その経験が具体的に書かれていないません。実績について触れるよりも、「共育」という価値観をもとに、どのように理論と実践を交えた私流のテニス講座をしてきたのかなど具体例に書きましょう。


自己PR例文 野球サークル

私は、他者を尊重しつつも芯は貫きます。「経験に関係なく楽しく」という方針の野球チームを結成しました。しかし、実力差から経験者が不満をもち、分裂の危機を迎えてしまいました。そこで、経験者を少年野球の練習に連れて行き、私達も最初は大人や先輩にいろいろ教えてもらった事を話し、方針への理解を得ることが出来ました。一方で、練習内容を変えてみたり、初心者への基本についての指導機会も作り、実力的な底上げも図りました。その結果、チームは再びまとまり、今では多くのメンバーが活動しています。(238文字)


【コメント】

野球以外でも「芯を貫いたエピソード」があるのでしょうか。エピソードがなければ自分の強みを再考しましょう。

野球チームの出来事を時系列に並べているだけで、あなたの価値観、強みなど伝わってきませんでした。まず、自分がチームにおいてどのような立場なのか(キャプテン?)を説明しましょう。また、「どうして経験者を少年野球の練習に連れて行ったのか」「どのような話をして理解を得たのか」を書くなど「自分の考え」が伝わるように書いたほうがよいです。

「経験に関係なく楽しくできる環境を作ったこと」は素晴らしいので、それまでのプロセス(具体的に自分が行ってきたこと、自分の考え)を説明しましょう。



もっと学びたい方は「内定者の教え」へ



自己PR例文 語学サークル

私は分析力と実行力を発揮し、成果を出します。
大学で部員80人規模のクラブに所属していました。そこで約1年半、毎週木曜の放課後に、スペイン語授業を開く責任者を務めました。当初は参加者7人からのスタートでした。私は参加しない原因を3パターンに分析し、それぞれに改善策を考え実行しました。またHPを作り、意見や不満を授業に反映させ易くし、部員を「ただの参加者」から「授業を作るパートナー」へ変えていきました。この結果、1年後には毎週50人近い参加者が集い、語学を積極的に学ぶクラブへと変わりました。(250字)

【コメント】

「80人規模のクラブの後に参加者7人と書いてある」「スペイン語の授業の話を突然出てくる」などイメージしづらいです。メージしやすいように規模について書くよりも「どんなクラブなのか」を書いたらいかがでしょうか。

分析力がエピソードで説明できてません。証明するには3パターンについて詳しく書く必要があります。しかし、すべて書くと文量が多くなるため、代表的なものを1つ挙げて、改善策を詳しく述べましょう。また、分析した結果とHPの話がつながっていないため、付け足したような感じがします。

7人から50人まで参加者が増えたことは素晴らしいので、それまでのプロセス(一番何がそうさせたのか)を考えてみましょう。


自己PR例文 バスケットボールサークル

私は、最善を導き出すプランナーです。
主将をしているバスケチームで、実力差が目立ち始めました。その原因を初心者へのケア不足、効率的でない、活動場所の確保が難しいと分析し、以下の方針を採りました。
@初心者向けの練習会を3ヶ月に一度開催。→基礎やマナーをしっかり学ぶ。
A練習内容を調整→実戦練習に偏っていた練習に基礎練習も挟む。
B安価かつ初心者にも効果的な道具購入→回転率も良く狭い場所でも練習できる。
この結果、楽しみつつ、能力的に成長し続けることができるチーム運営を行うことができました。(242文字)

【コメント】

主将をしているバスケチーム⇒主将を務めているバスケットボールチーム

「主将をしている〜目立ち始めました」という文章がありますが、突然話が始まったような印象があります。背景を分かりやすく説明しましょう。

例1)

主将を務めているバスケットボールチームでは実力差が目立ち始めたことにより、チームの雰囲気が悪化したことがあったのですが「3つの提案」をして改善したことがあります。

例2)

主将を務めているバスケットボールチームでは「3つの提案」をしてチームの士気の悪化を改善したことがあります。原因は「実力差が目立ち始めたこと(初心者へのケア不足)」にありました。そこで・・・


キャッチフレーズとエピソードがずれています。例えば、「最善を導き出す」とありますが、エピソードから最善な提案をしたのかがわかりませんでした。最善を導き出すために自分が考えたことを書いたほうがよいでしょう。

実力差の原因が「効率的でない、活動場所の確保が難しい」というつながりがわかりませんでした。エピソードから察すると「初心者へのケア不足」で十分だです。

イメージしやすくさせるために部員数を書くのもよいでしょう。

自己PR例文 英会話サークル

組織をサポートすること、これが私の良い所です。組織の中で他の人が手の回らない仕事、気づかない仕事を率先してこなします。私は大学で、英会話サークルのサブチーフを一年間務めました。チーフのサポートとして、主に活動場所の確保や、消耗品の補充などを行いました。またミーティングでは、意見対立した際の仲介役として妥協点を見出すことに努めました。こうした組織を下から支えていくことが、私にとってやりがいがあり、達成感が得られることです。

【コメント】

「組織を〜こなします」まで文章が長すぎるため「自分の強み」をまとめて書きましょう。

サブチーフの活動について述べるのではなく「意見が対立したときどのようにして妥協点を見出しておさめていたのか」など具体的に何をしてきたのかを書いて自分自身を伝えましょう。

<削除後>

私は英会話サークルのサブチーフを一年間務めました。主に活動場所の確保や、消耗品の補充などを行いました。(具体例・・・)組織を下から支えていくことが、私にとってやりがいがあり、次に結びつけていきます。

自己PR例文 学生団体

私は堅実性を大切にします。なぜなら、堅実であればそこから信用や信頼を得ることが出来るからです。学生時代に所属していた団体での会議ではどんな意見でも必ずメモをとるようにしていました。それにより私だけでなく全員が、次の会議に意見を活かせるように、また内容を確実に把握できるように、努めてきました。その甲斐あって、私は書記として仲間から信頼を得ることが出来ました。また、待ち合わせなどの時間も必ず守ります。時間を守り自分自身に対して堅実になることで、自分自身への信頼、つまり自信を得ることが出来るからです。

【コメント】

心構えはとても素晴らしいのですが書記の仕事についての解説、当たり前のこと(時間を守ることについて)を書いていて自己PRになっていません。自分の努力してきたことを書きましょう。例えば、下記の質問について考えて、具体的なエピソードを考えてみましょう。

「内容を確実に把握できるように努めてたとありますが、どのように努めてきたのか?」
「自分の仕事ぶりが、どのように団体に貢献をもたらしたのか?」

イメージしやすいようにどのような団体なのか説明したほうが良いです。


自己PR例文 企画長

私はサークルで企画長の役職に就いて活動しています。始めた頃はイベントの参加率が7割ほどでとても成功と呼べるものではありませんでした。そこで部員のニーズを掴むために、アンケートを実施し、積極的に相手と話す等、自分なりに行動しました。結果を基に球技大会、飲み会などを行い、参加率も次第に上がり最終的には常に9割をキープできるようになりました。社会に出ても顧客のニーズに応えられる提案型の営業マンになりたいと考えています。(246文字)

【コメント】

読んでもらう人にイメージさせるために何のサークルなのか書いた方が良いでしょう。今のままではサークル(の行事)について説明しているだけになっています。どれくらいの規模で、どのようなアンケートを実施したのか、そして、どのような課題があって提案をしたのかを書くとよいです。

「社会に出ても顧客のニーズに応えられる提案型の営業マンになりたいと考えています」は口頭で十分であるため削除しましょう。


自己PR例文 学園祭

私は革新的な事に取り組む力があります。サークルの副会長しており、学際の指揮を任されていました。昨年の売上を超すために他のサークルが実施していない以下のことに挑戦しました。(1)出し物のチラシを制作し門の前で配布。(2)要所に試食専門の売り子を配置。その結果、「チラシを見てきました。」や「試食を食べておいしかった。」と買いに来るお客様でたくさんの列をなしました。昨年の売上約55万円を超え、売上約74万円と前年度の34%増の売上を達成しました。常に新しいことに挑戦する気持ちは誰にも負けません。(243字)


【コメント】

「革新的な事に取り組む力」がどのような力なのかがわかりませんでした。エピソードもそれほど革新的なことではないように感じます。新しいことにチャレンジする際に役立っている「自分の強み」をもう一度、考えてはいかがでしょうか。

売上アップに挑戦し、達成したことは素晴らしいですが、結果の文章が多く(その結果〜達成しました)、具体的に何をしてきたのかわかりませんでした。チラシ制作や配置の工夫など、自分にしかない経験について詳しく書きましょう。

イメージしやすいように何のサークルか書いたほうが良いです。

学際⇒学園祭

制作し門の前で配布⇒制作し、門の前で


自己PR例文 レースカーサークル

何事にも粘り強く挑戦します。レースカーを製作するサークルでは、胴体性能の向上に挑戦しました。ネットなどから、1000種類以上のデータを集め、1個ずつソフトにかけ最適なデータを絞り分析・改良し、抵抗を減らす基礎データをまとめました。また、胴体の外観や運転手の乗り心地、安全性についても徹底的に意見交換し追求しました。除去した危険部品の機能をカバーするために、今までの要求を満たす材料、構造を試行錯誤し見つけ出しました。結果、無理だろうと言われつつも胴体の性能を向上させることができました。(243文字)

【コメント】

レースカーに関する言葉や作業内容が多く、なかなかイメージがわきませんでした。まず、誰にでもわかるような表現を心がけましょう。

例)

ネットなどから、1000種類以上のデータを集め、1個ずつソフトにかけ最適なデータを絞り分析・改良し、抵抗を減らす基礎データをまとめました。



ネットや●●などから1000種類以上のデータを集め、最適なデータを●種類に絞り、風?の抵抗を減らすデータをまとめました。

採用担当者が知りたいのは「レースカーの話」についてではなく、「あなたがどのような人か」です。「1000件のデータ収集」の話から「粘り強さ」は伝わりますが、もっとサークルに取り組む姿勢、工夫するために自分が考えてえていたことなど、レースカーの作業内容よりも自分について文字数を割いたほうが良いです。

自己PR例文 サークル

新しい引き出しみつけます。サークル活動の中で私は後輩が常にモチベーションを高く持ち、個人が持つ潜在的な能力を引き出せる環境作りを試みました。まずそれには上回生との精神的つながりが大切だと思い、練習中も持ち前のキャラクターを利用して話しかけたり、飲み会をしたりなどして一人一人と向き合いました。そういった中でと十人十色の個性や現状、強み・弱みを知り、その子に必要とされるサポートを時と場合で変化させながら手助けをしました。引退時「〇〇さんみたいな先輩になりたい」と言われ、やってきたことが実を結んだと思いました。(242文字)

【コメント】

「個人が持つ潜在的な能力を引き出せる環境作り」が「練習中に話しかける、飲み会で一人一人と向き合う」では説得力に欠けます。どのようにして後輩と向き合ってきたのかを具体的に書きましょう

「持ち前のキャラクター」と知らない人には言われてもわかりません。どのようなキャラクターなのかを説明しましょう。イメージしやすいように何のサークルなのか説明しましょう。



もっと学びたい方は「内定者の教え」へ



自己PR例文 サークル

私は情報屋です。サークルでのシミュレーション作成の時、バスの情報を私以外誰も知らなかったので、予め持っていた情報を提供しました。しかし、時刻だけだったので、不十分だと思い、細かなシミュレーションを立てるためには正確な情報が必要だと考えました。そこで、パソコンで路線図から遠回りでないことを確かめたり、バス会社に電話して目的地までの所要時間を尋ねたりしました。そのおかげで当日はスムーズに移動でき、同期からも感謝され、事前の情報収集が役に立ち同期からの感謝の言葉という報酬を得られました。

【コメント】

「情報屋」というフレーズから何をアピールしたいのかわかりませんでした。もう一度強みを再考しましょう。

相手がイメージしやすいように何のサークルの所属していたのか、また、何のためのシミレーションをしたのかを書いたほうがよいです。また、背景の説明(サークル〜考えました)に関する文章は時系列がバラバラなため、わかりづらいです。もっと短くまとめたほうが良いです。

例)

●●サークルでは〜に関する詳細なシミレーションをするために「正確な情報」を得ることに努めました。

もしも、情報収集力をアピールされるのであれば、パソコンで路線図を調べる、電話でと合わせをすること以外に正確な情報を得るために「自分で考えて行動したこと」を書きましょう。その際に「箇条書き」で書いたほうがわかりやすくなるかと思います。


自己PR例文 放送研究会

サービス精神が多いです。人が喜んでくれることを考えて生活しています。先日も大学の放送研究会での新しい活動として、週一回のインターネットラジオを企画・立案をしました。内容には絶対面白い自信がありました。しかし始めの内は誰も聞かず、お便りも来ない状況でした。ある日から宣伝の為、渋谷駅前でチラシを配り、他大学へ足を運び宣伝をしました。3ヶ月ほどたつと、宣伝の効果かネットラジオ界では名の知れた面白い番組に成長しました。聴いてる人には新しい楽しみを、話してる人話すことの楽しみを提供することが出来ました。(全角249文字)

【コメント】

先日はいつなのかわからないため「時制の言葉」を削除しましょう。

キャッチフレーズとエピソードが合っていませんでした。「サービス精神が多い」=「面白いことをする」ではありません。「人が喜んでくれることを考えて生活しています」という文言は楽しみを提供しようとする姿勢が伝わります。これを生かしてキャッチフレーズを考えるとよいかもしれません。

「内容には絶対面白い自信がありました。」のような感想を書くよりも、どれだけ面白い内容なのか具体的に書きましょう。例えば、「新しい楽しみ」とはどんな楽しみなのでしょうか。


自己PR例文 野球サークル

人に安心を伝える力があります。
野球サークルでメンバーが思いつきやアイデアを真っ先に私に話してくれた理由は「何を言っても受け入れてくれる安心感」があったためでした。相手の話に共感できる部分を見つけるという心掛けが相手に安心を伝えていたことを実感し、結果として練習時にマネージャーができる仕事の増加や甲子園観戦ツアーというアイデアが実現しました。自分が伝える安心は自信に変わりチームを動かしていく力になるということを学び、それがまた自分に帰ってくるという好循環を生み出していると感じました。(244文字)

【コメント】

文章(「野球サークル〜)が突然始まっていることから初めて読んだ人にはイメージしづらく、文章の構成を考え直したほうが良いです。

ほとんど自分の考えが述べられており、説得力に欠けます。もっと自分が行ってきたこと(事実)を具体的に書いて、自分の強みを説明しましょう。例えば、相手の話にどのように共感できる部分を見つけ出したのか、もしくは、自分の強みを生かして、どのようにしてマネージャーの仕事の増加、甲子園ツアーの観戦ツアーを実現させたのかなど考えるとよいです。


自己PR例文 ダンスサークル

私は率先力を発揮し、周りを巻き込んでいます。サークルでダンスの練習をするだけでなく、率先してメンバー集めを行いました。最初にホームページを作成して宣伝しましたが、なかなか集まらなかったので、今度はmixi上で200人に直接メッセージを送る作戦を実行しました。宣伝文句も初心者向けに工夫した結果、5人から20人へ増員できただけでなく、周りの協力も加わり、最終的には30人にすることができました。この経験から、自ら率先して行動し、結果を出すことの大切さを実感しました。現在も研究室で、率先力を発揮中です。(250字)

【コメント】


「周りを巻き込んでいます」では近況報告のように感じるため「周りを巻き込みます」としたほうが自己PRの表現としてよいでしょう。

自己PRの中に「率先」という言葉が4つもあるのですが、「率先」という言葉を使用せずに「率先力」を伝えましょう。何度も同じ表現出てくると、採用担当者にくどい印象を受けます。

ホームページ作成、メッセージを送信したのがあなただけがしたことなのか、部員もしていたのかがわかりませんでした。一人でHPの運営を担当していたのか、メッセージを送信したのかなど、サークルでの役割・あなたの行動をきちんと説明したほうがよいです。また、「サークルでダンスの練習をするだけでなく」という表現もわかりづらいので、「ダンスサークルに所属し」というように背景を説明しましょう。

「率先する」とは人の嫌がること、過去に経験の無いことでも迅速に行動を起こせることです。今のままでは自分で率先して行動したエピソードなのかが曖昧で、率先力があるかどうかも、まわりを巻き込めるのかどうかわかりませんでした。

例えば、「あなた以外の部員がメンバー集めに協力的ではなく、あなたが行動することによってメンバーが協力してくれるようになり、部員が増加した」というような流れで書いたほうがよいでしょう。

「この経験から〜発揮中です」までの文書が無理矢理文章をつけ加えた感じがしました。当たり障りのないことを書くのではなく、もっと自分の言葉で書いたほうがよいです。



あかさたなはまやらわの法則(シェア自由)



自己PR例文

自己PR例文(行動力)  自己PR例文(アパレル)  自己PR例文(アルバイト)  自己PR例文(部活動)

自己PR例文(サークル)  自己PR例文(大学生活)  自己PR例文(インターンシップ)  自己PR例文(問題解決力)

自己PR例文(居酒屋アルバイト)  自己PR例文(笑顔)  自己PR例文(勉強・資格)  自己PR例文(相手の立場)  

自己PR例文(ボランティア)  自己PR例文(ゼミ・研究室)  自己PR例文(スーパーのアルバイト)  自己PR例文(計画性)








ヤングキャリアコンサルタントの日記 (TOEIC900点勉強法)
新卒専門キャリアコンサルタント(ヤングキャリアコンサルタント)の日記

たった90日で就職活動を終わらせる方法
勉強会のブログ。9割の確率で4月までに就職活動を終えております。

就職活動五行歌ランキング
就職活動生の8割が感動する歌。面接に落ちたときには読んでみよう!

就職活動ベストブログランキング
簡単な自己分析方法からキャビンアテンダント対策まで就活に役立つブログが満載

新卒応援ハローワーク

新卒応援ハローワークの営業時間、連絡先など紹介


自己PRコンテスト ▼自己分析ナビ  ▼僕と私の就職活動日記 ▼就職活動フォーラム



就職活動セミナー

著書



内定の常識

自己分析でお悩みの方へ
受かる!自己分析シート

面接力をアップしたい方へ
受かる!面接力養成シート

夢をかなえたい方へ
今度こそ「なりたい自分」になる夢ノート

大学時代を後悔しないための52のリスト
大学時代を後悔しないための
52のリスト

自己PR例文

就職活動対策

診断サイト

レポート

オススメ求人サイト

無料メールセミナー


『内定エッセンス』

勉強会、ブログなどで紹介した「就職活動において大切なこと」を 3秒で効率的に学べます。毎日、
無料配信されます。

読者の声!

「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」

「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

下記フォームに入力して登録ください↓

PCmail


「いいね」を押すと就職活動に
役立つ情報が得られます。